読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXを徒然なるままに

FXについて深い内容は書かずに、思ったことや感じたことなどをFX関係のネタに絞って書いてみたいと思います。

FXはどれだけ説明ができるかが鍵

 久しぶりの更新となりましたが、今日は相場が暇と言うのもあるので、簡単な誰でもできる?相場分析の基礎のような方法を紹介していきたいと思います。

 基本的に私はファンダメンタルズを重視したトレードをしていますが、チャートも見てますよっ!と言うところを書いてみようと言うだけの内容となるので、大きな期待は無しでお願い致します。

 さて、さきほど適当にチャートを引っ張ってきたので、短期相場の乗り方の基本的な考えについて書いてみようと思います。

 それでは適当なドル円の1時間足チャートをご覧ください。

ドル円チャート1時間足を使う分析

f:id:lead_upper:20130404021657p:plain

 上のチャートはドル円の1時間足ですが、普通に見て頂けると分かるように上がって下がっています。

 こう言うチャートを見ると直ぐにレンジ状態の可能性を頭の中で描く事から取引の組み立てが始まります。

 もちろん、この1時間足を見てレンジと思った時には既にレンジでは無いので、悪魔でも1時間足を見ながら更に長めの時間軸である4時間や日足がレンジだと言う事を想像する事です。

 1時間がこのようなけいじょうだと4時間となると、短期てなレンジなっているはずで、それはもう少し長めの足となれば、フラッグになっていたり、ただの反発となっているかも知れません。

 つまりは、自分がどこにいてどの方向を向いてトレードをするのか見失わないようにしないと、まずトレードの本質を見失います。

 そこで、どうやって私が見ているのかと言う事言うのを下のチャートで更に紹介します。

どうやってチャート分析をしているか?

f:id:lead_upper:20130404022059p:plain

 見て頂けると分かるように赤い四角で囲んだ箇所がありますが、まずは左の四角から見てください。

 綺麗に下降トレンドが刻まれている事がお分かりになられると思いますが、私は緑の四角の時点で売りを仕掛け、ストップは高値抜きに入れました。

 それも簡単で日本時間の動きが浅い時を狙っての売りなので、日本時間の多くは最近の特徴として爆上がり爆下げもしくは動かないの3つなので、中途半端に高値カットした後の反転などが無い事を踏まえての売りです。

 この時に注意するのが、大体4時間ベースに取引をしている人ならば、これだけ高値陰線が並べば売り仕掛けがしたくなるだろう?と言う考えを頭においておくことです。

 次に黄色の四角ですが、ここは我慢どころ、私の場合は半分こういうところで利益確定をかけてしまいますが、こう言った流れになった場合は、反転もしくはストップ刈りを想定します。

 黄色の四角で1つだけ大き目の陰線があると思うのですが、多くの場合私はこれが半分利益確定の目安となり、ここでロングを握る事もあります。

 そのロングが刈られた場合には、投げるような足を付けるパターン、これが上のチャートのパターンんですが、もう1つ、少しだけ刈り取って反転パターンと言う2種類があります。

 ちょっとだけ刈り取って反転が一番イラッとするのですが、基本的にちょっとだけ刈り取っての戻りの場合には刈られた後に追撃で追いかけておきます。

 そうする事で、ストップの狭いロングを打てて、抜ければ残ったショートが大ガラで利を伸ばせます。

 考えては両建てでは無くて、時差のあるトレードをしている感覚となります。

 さて、次に右側の四角ですが、どのように考えましょうか?

 私は現在ポジションが無いので、底値をひろう事になりますが、これはやはりダブルボトムを考えてのロングをしたくなりますね?

 どこがダブルボトム?と思った方はもう一度始めから読み直してくださいね(笑)

 少し長めのチャートを頭の中で置き換えると、左の赤い四角の安値と右の四角の安値でダブルボトム形成をする可能性がある形になっていますよね(笑)。

 こうやって、どれだけ自分の取引を説明できるか?それが鍵ではないでしょうか?と斜め上辺りから書いてみました(笑)