読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXを徒然なるままに

FXについて深い内容は書かずに、思ったことや感じたことなどをFX関係のネタに絞って書いてみたいと思います。

FXのアノマリーな事象について

 アノマリーについて今日は少しだけブログを更新してみたいと思います。

まず、アノマリーといったいどう言う意味なのかを知らなければ全く何の話をこれからするのか全く想像をする事ができないので、アノマリーと言うものについて簡単に意味の解説をしてみたいと思います。

アノマリーとは何か?

 アノマリーとは、全く異常な状態にも関わらずそうなってしまっていると言う事を示します。例えば、先日紹介したフラッシュクラッシュと言うものもそれに含まれます。

フラッシュクラッシュについての先日の記事へ

 つまり、説明できない、理論的には考えられない、と言った大暴落を起こしてしまったものの、結局はおきてしまっています。

 例えば、あのアノマリーな相場であったフラッシュクラッシュの最中には1ドルの株を売っていると言う事態まで発生しています。

 

次に、面白い分析をしている方のブログを紹介します。

FXの噂!トレーダー間で噂されている必勝法!?

 上の記事内において、スタジオジブリがテレビで放送された時に相場が荒れるのか?と言うアノマリーについて検証をしています。

実は、マーケットの噂として、スタジオジブリの作品がテレビ公開されるさいには、相場が荒れに荒れると言うアノマリーな事があります。

実際に相場参加していると分かる事なのですが、確かにジブリフライデーに相場が荒れるような思いをした事が私もあります。

そのような事実の検証を見ると、なるほど~と言った感想を持たせて頂きました。

詳細は、先ほどのブログを見ていただくとして、アノマリーな相場について話を戻したいと思います。

フィボナッチもアノマリー

 皆様も何処かで聞いたことはないでしょうか?フィボナッチについて紹介してみたいと思います。フィボナッチは38.2%のラインまで相場が戻るなどの何故だか分からないけども相場がそれに従ってしまうと言うものなのですが、そのフィボナッチを使うと色々な事が見えてきます。

例えば、暴落相場がおきた場合には、フィボナッチの38.2%まで戻ってまた落ちると言う不思議な動きを見せる事も多々有ります。

また、次回にでもフィボナッチについて書いてみたいと思いますが、フィボナッチも相場分析の手として面白いですよ!