読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXを徒然なるままに

FXについて深い内容は書かずに、思ったことや感じたことなどをFX関係のネタに絞って書いてみたいと思います。

本日のFX相場私の個人的な見方

 まず、先日に書いておりましたが、ドル円が底堅く推移した場合には高値を探る展開を見ると書かせて頂いておりましたが、そのままの相場展開が見られたと言う事で、78.5で小額ですが売りで入っています。

 既にポジションは建値ストップへとずれているので、後は待つことで利益確定は78.6以下を考えています。

 

ここまで書いたところで、間違ってブログのアップロードをしてしまいました。今からこの続きを書いてみたいと思います。

 

ポジションは変わらずですが、EAのフォワードテスト中のロジックが動いたため、どうやって途中で置いておくのか分からず、誤ってアップロードしてしまいました。

 では、続いて今日の相場の個人的な見方について書いてみたいと思います。

 まず、ドル円について、チャート上は短期の200EMA辺りでのもみ合いと言う事で、底値は固い展開が見られていますが、ここで反発が起こり高値追いをするようであれば、もちろん私のポジションは刈り取られますが、高値打ちが3回に渡り起こっているので、利が伸ばせるチャンスとなっているので、ここは逃げずにホールドでいきたいと思っています。

 夜には、イギリスと欧州の政策金利発表が出ていますが、前回イギリスは資産買い入れ規模を上げています。(http://gogogofx.com/contents/usadata/uk_mpc_buy.html

500億ポンドの増額が出たために、今月は恐らく様子見と言う事もあるので据え置きとなる事が考えられます。

 ECBについては、トリシェさんの発言もありますが、前回25ベースポイントの政策金利の引き下げを行っています。そのため今回は動かないだろうと言うのが市場予想です(http://gogogofx.com/contents/usadata/eu_interest.html)。

 据え置きは折込済みという事もあり、大きな動きが見られるとは思いませんが、政策金利発表後のキング総裁またはマリオドラギ総裁の発言には注目が集まっているので、一喜一憂するような相場展開が起こると思います。

 全体的に見ても、前回ほどの強気の発言がドラギ総裁も行えないだろうと言うのが個人的な感想ですが、要は具体的な事案の提示があるか無いかに注目をしておくべきだと思います。

 LTROの準備をしている等の話が出るのであれば、素直にユーロ買いで良いとは思いますが、反対に何も具体策を出さずに手詰まり感があるようでは、ユーロは売り方が強くなるように思います。

 こんな基本的な事ですが、今日はそれだけで十分いけるような相場展開を予想しています。

 また、上下に振った後は、全て材料出付くしとなるようであれば、やはり円買いが見られることが予想されるので、78円手前辺りには大きめのストップが観測されているので、刈り取りに来るようであれば、目標としている77.6より下からは買い持ちを増やす展開に持って行く予定です。

 日銀については、IMFや古川などによる緩和期待を誘発させる声が出ていますが、アメリカが動かない今先に手を打ち出すほどの根性はのびた総裁には無理でしょうね。

 では、今日もがんばってガッツリ稼ぎましょう!